本文へスキップ

結婚式・二次会の写真 ウェディングカメラマンの格安出張撮影

お電話でのお問い合わせはTEL. 080-6528-9499(柴田)

首都圏エリア出張撮影

カメラマン裏話colum

ウェディングスナップ撮影の現在


結婚式会場・ホテルが薦めるアルバムが、「高い!」と思われる方は多いかと存じます。

その理由は、アルバム自体の実質価格に、中間マージンが上乗せされてるからです。会場サイドから見れば、マージンは場所代として自動的に入る収入なのです。その額はアルバム価格の1/3から1/2。 少なくない額です。

会場によっては外部カメラマンが撮影する場合、「持ち込み料」なるものを請求される場合がありますが、これはそうした慣習上の収入に対する、補填の意味があるのです。

一方、当社もそのひとつである外注写真業者は星の数ほどあって、どこを選べば良いか不安かと思います。選択基準も複数あります。価格、アルバムの質、カメラマンの質、編集のテクニック、カット数やページ数。さらに細分化して述べると、クラシカルな台紙アルバムか、デジタルデザインアルバムか、写真集タイプか、フィルムから起こした手焼きプリントアルバムか…。

ショールームでサンプルを見たとしても、当日、特に大安・友引など婚礼件数が多くカメラマンの絶対数が足りない日に、サンプルを撮った上手なカメラマンが来てくれるのか? 実際の結婚式を撮影するのは、アルバイトカメラマンではないのか? など、不安だらけです。

価格面でいえば、安いと思って話を始めると、メイク撮影料、挙式撮影料、披露宴撮影料、二次会撮影料、写真プリント代と料金が細分化されていて、トータルで考えると全然安くない。
そういった、ケースがよくあります。 

また、写真撮影とアルバムがセットになっていて、トータルで考えると、高くなる。 
写真データさえあれば、自分でアルバムだって作れる時代なのに…。 
そうです、一般の写真店・ネットで、「フォトブック」と呼ばれる写真集なら、ご自身で作れる時代です。

データさえあれば、デジタルフォトフレームでも見れますし、自分の裁量で自由にできます。そういった意味でも、当社は結婚式の写真撮影とアルバム作成は分離して考えるべきだと考えています。

簡易な「フォトブック」スタイルの写真集ならご自身で作れる時代です。自信のない方や高級感のあるアルバムをご希望の方は、別売フォトブック別売アルバムのページ御覧ください。




出張カメラマンのウラ話や口コミ情報

・2017.9.2よりアルバム・ビデオ関連商品の価格を改定しました。9月1日までにお申し込みのお客様に対しては、旧料金にて対応いたします。
(2017.09.01)

別売アルバムは2冊目以降2割引きになります。両親用も含め3冊ご注文される方もいらっしゃいます(3冊で¥93,600〜)。ぜひご一考ください。
(2015.06.19)

・最近は「仏滅」「赤口」であっても土曜日に依頼が集中する傾向があります。
6〜7件依頼が入った時点で締め切りますので、お早目にご判断ください。7月中旬まで繁忙期が続きます。
(2015.05.23)

「カメラマン裏話」に文章を二つ書き加えました。
(2015.04.09)
カメラマン裏話」欄に文章を一つ書き加えました。
(2015.04.04)

カメラマン裏話」欄に文章を一つ書き加えました。
(2015.03.17)

店主ブログを始めました。宜しくお願いします。
(2015.03.1)

・最繁忙期を迎え、カメラマン手配が困難な日が多くなりつつあります。お早目にお問合せください。
(2015.03.12)

・お支払いは後日銀行振り込みです。納品時に請求書を同封いたします。
(2015.03.12)



ウェディングのビデオカメラマン


ビデオ業者紹介


→結婚式のビデオ屋さん

→林映像制作